ヘアケアレッセン(2)オイル

ヘアケアレッセン(2)オイル
OrivinBeauty
OrivinBeauty
    
ヘアオイルは髪の栄養補給や保湿に役立ちます。髪の毛が乾燥している場合、ヘアオイルは水分を閉じ込めて潤いを与え、柔らかくしなやかな髪にしてくれます。でもヘアオイルの上手な使い方、しっかりマスターできていますか?そこで、今回は、ヘアオイルの効果、使い方と使用シーンを詳しく紹介します。
   
ヘアオイルの効果
・ヘアオイルは髪の水分バランスを保つためにも役立ちます。乾燥した環境や頻繁なシャンプーによって髪が乾燥してしまう場合、ヘアオイルを使うことで水分を閉じ込め、しっとりとした髪に導いてくれます。
・ヘアオイルは髪を保護する役割も果たします。摩擦や熱から髪を守り、外部からのダメージを軽減する効果があります。これにより、髪の毛が健康で艶やかに保たれるだけでなく、切れ毛や枝毛の発生も予防します。
・ヘアオイルはスタイリングや髪の質感を向上させるのにも役立ちます。ヘアオイルを使用することで、まとまりやツヤを与え、髪を柔らかくしなやかに仕上げることができます。また、ヘアオイルは髪の毛の広がりやフリーズを抑え、美しいスタイルを長時間キープする助けとなります。
   
ヘアオイルの使い方
1.髪を洗い、タオルドライさせた後、適量のヘアオイルを手のひらに取ります。
2. 手のひらに適量のヘアオイルを出す
オイルが少なすぎると必要な部分に十分行き届かず、多すぎるとベタついてしまうので、適切な量を出すことが大切です。
3. 体温で温めながら両手に広げる
手の熱でじんわりと温め、よく伸ばしてから広げましょう。
4. ケアが必要な場合は、夜寝る前にヘアオイルを髪全体に塗布し、オーバーナイトトリートメントとして使用することもできます。
   
ヘアオイルの使用シーン
1、ブラッシングの前につける:寝起きのバサバサヘアや寝ぐせの髪にいきなりブラシをかけると、摩擦によって枝毛や切れ毛が起こりやすいです。そこで、先にヘアオイルを毛先になじませることにより、表面がなめらかに整い、ブラッシングによる髪の毛の絡まりや摩擦を抑えられるでしょう。
2、ドライヤーの前につける:シャンプー&タオルドライ後、ドライヤーで髪を乾かす前にヘアオイルをつけるのもおすすめ。油分で髪をコーティングし、ドライヤーの熱ダメージから守ります。しなやかでまとまりやすいツヤ髪に導いてくれるでしょう。
3、シャンプーやリンスの後:シャンプーやリンスの後に髪全体に適量を塗布し、栄養補給や保湿効果を得ることができます。
4、スタイリングの際に:スタイリング前に髪に適量をつけて整え、ツヤやまとまりを与えることができます。
5、ダメージヘアのケアに:特に乾燥やパサつきが気になる部分やダメージ箇所に重点的に使用することで、集中的なケアを行います。
以上がヘアオイルの効果、使い方と使用シーンです。ヘアオイルの使い方をマスターしてツヤ髪美人を目指そう!