剛毛のヘアアイロンのやり方は?特徴&クセを抑える方法

剛毛のヘアアイロンのやり方は?特徴&クセを抑える方法
OrivinBeauty
OrivinBeauty
「完璧なヘアスタイルを目指しても、なんとなく満足できずにいる……」「髪の広がりやゴワつきが気になってしまう……」そんな風に感じている剛毛や硬毛を持つ方々は多いはず。ここでは、剛毛の特徴やクセを抑える方法、剛毛のヘアアイロンのやり方を紹介します。
剛毛ってどんな髪質?
剛毛とは、髪の1本1本が太く、硬い特徴を持つ髪質のことを指します。しっかりとした髪の束感があり、時にスタイリングが難しいと感じることも。しかし、適切なケアとスタイリング法を身につければ、その強さはあなたの魅力の一部となり得ます。
クセを抑える方法
剛毛にありがちなクセを抑えるには、保湿が重要です。洗髪後にはしっかりとトリートメントをし、ドライヤーで乾かす際には十分な時間をかけて根元から丁寧に。また、ストレートなスタイルを長持ちさせるためには、ヒートプロテクタントスプレーの使用が効果的です。
硬い髪向けヘアアイロンの選び方
1、温度調節機能の確認
高い熱を必要とする硬い髪には、細かく温度設定ができるアイロンが必須です。最適な温度でスタイリングすることで、髪へのダメージを軽減しながら望むスタイルを実現できます。
2、プレート材質の選択
厚みのあるセラミックやチタニウム製のプレートは、熱を均一に髪全体に伝える力があります。これにより、硬い髪も効率的にスタイルをセットすることが可能になります。
3、プレートのサイズを考慮
太くて硬い髪束を一度に整えるためには、広い面積のプレートが有効です。より多くの髪を捉え、均等に熱を行き渡らせることができるため、スタイリング時間を短縮し、より滑らかな仕上がりを得ることができます。
くせ毛を伸ばすのにヘアアイロンの温度は?
くせ毛を伸ばす際のヘアアイロンの温度ですが、剛毛の場合は180度以上の高温でも耐えられることが多いです。ただし、髪のダメージを最小限に抑えるためにも、必要最低限の温度でスタイリングすることを心掛けましょう。
剛毛のヘアアイロンのやり方は?
剛毛の正しいヘアアイロンの使用法は、まず髪を完全に乾かした状態で行うこと。そして、一度に大量の毛束をアイロンしないように、小分けにしてゆっくりとアイロンを通すことがコツです。
まとめ
剛毛さんのスタイリングには少々手間がかかるかもしれませんが、正しい知識と道具を使えば、美しいヘアスタイルは手に入ります。