髪のお悩み解決! ヘアオイルでサロン級の美髪を手に入れる方法

髪のお悩み解決! ヘアオイルでサロン級の美髪を手に入れる方法
OrivinBeauty
OrivinBeauty
パーマをかけたり染めたりした後の髪はひどく傷み、縮れたりパサついたりします。ヘアケアオイルを使うとき、ブローの前に使うのか、ブローの後に使うのかわからないし、ヘアケアオイルの使用量もわかりません。今日はヘアケアオイルの使い方をご紹介します。
ヘアアイロンで髪が傷む原因は?
まず、ヘアアイロンが髪にダメージを与える最大の理由は、高温による水分の蒸発と、それに伴うタンパク質の変性です。これにより、髪は乾燥してもろくなり、枝毛や切れ毛の原因となります。
ヘアアイロン前にオイルを使ってもいいの?
多くの人が誤解しているこの点、非常に重要です。オイルは熱を良く伝える性質があり、オイルを塗った髪にアイロンをかけると、髪の内部まで高温が伝わりやすくなり、ダメージが増幅される可能性があります。
ヘアオイルを使うのはアイロン前と後どちらがよい?
結論から言うと、アイロン後です。アイロンの熱から髪を守るには、ヒートプロテクトスプレーなどの専用製品を使用し、オイルは髪の表面をコーティングして水分を閉じ込めるために、スタイリングの仕上げに使いましょう。
ヘアオイルの基本的な使い方
毎晩お風呂上がりのケア
湿った髪にオイルを少量なじませることで、ドライヤーの熱からも髪を守りつつ、潤いを保持しましょう。
ドライヤー前後のケア
ドライヤー前には、ヒートプロテクト製品を。そして、ドライヤー後には軽くヘアオイルをつけることで、さらなる保護と輝きを。
毎朝のスタイリング剤として
朝のスタイリング時にも、オイルを使って毛先を整えることで、1日中潤いをキープし、外部環境から髪を守ります。
まとめ
ヘアアイロンは便利ですが、使い方には注意が必要です。ヘアオイルはアイロン後に使用し、適切なケアを心掛けることで、ダメージを最小限に抑え、美しい髪を保つことができます。だからこそ、正しい知識と製品選びが、美しい髪への第一歩なのです。