ヘアケアレッセン(1)リンス ♥ 効果を引き出すコツ 美髪に

ヘアケアレッセン(1)リンス ♥ 効果を引き出すコツ 美髪に
OrivinBeauty
OrivinBeauty
シャンプーやリンスは毎日ヘアケアに欠かせないアイテムです。髪と頭皮を守るのにとても大きな役割を持っています。ヘアケアでは、正しいシャンプーの方法に関心が多く重要だというのは周知の通りですが、リンスの正し方法も身に付けておく必要があります。そこで今回は、リンスの効果、正しい使い方、つけ置き時間を詳しく紹介します。
目次
・リンスの効果
・リンスの正しい使い方
・リンスの付け置き時間
・まとめ
リンスの効果・「髪の表面の保護」
・シャンプー後のゴワゴワする状態の髪を、滑らかな手触り にする効果
・髪の表面に薄い油膜を貼ることで髪を保護
・髪の表面に膜を張って指通りをよくする効果
・キューティクルを保護して、ツヤが出たような仕上がりになる
リンスの正しい使い方
1、リンスの前に、シャンプーの成分が髪や地肌に残っていないよう、しっかりと髪を洗い流す
2、シャンプー後、しっかりと水気をきる
*濡れたのままリンスを付けると、水分で飽和している状態なので効果が半減
3、リンスは毛先からつける
*両手で髪を包み、リンスを毛先から揉むように付けていく
手ぐしで髪全体に行き渡らせる
4、リンスを洗い流す
*地肌にリンスの油分が残らないように気を付けましょう
正しいリンスのつけ置き時間
リンスは髪の毛の外側、つまり表面をコーティングすることによって髪の毛にツヤを出したり、サラサラと指通りを良くしたりします。
つけるとすぐに髪の毛の表面に吸着しコーティングするので、長時間放置する必要は無いです。
まとめ
正しいリンスの仕方をマスターして、シャンプー後の髪を、つややかに、滑らかに整えましょう。
いかがでしたか?少しでも皆様のお役に立てたら嬉しいです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。