意外と知らない 【髪が傷む原因?】対処法

意外と知らない 【髪が傷む原因?】対処法
OrivinBeauty
OrivinBeauty
今日は「髪への負担を軽減する巻き髪の方法」についてお話しましょう。ここでは、いくつかの方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
CONTENTS
・髪の毛の構造と仕組み
・ヘアアイロンで髪が傷む原因
・髪を傷めにくい使い方
髪の毛の構造と仕組み
1本の髪は、大きく分けると3つの部分からなり、一番外側をキューティクル、中間部をコルテックス、中心部をメデュラといいます。
ヘアアイロン・コテを使うことで髪の毛が傷む原因は、主に以下の2つ。
・熱ダメージによる髪内部のタンパク質変性
・摩擦ダメージで髪表面のキューティクルが傷む
1. 適切なヘアアイロンの選択
髪への負担を軽減するためには、質の良い、髪に優しい素材の器具を選ぶことが大切です。セラミックやセラミックコーティングの器具を選ぶと、熱の均一な放射が可能で、一部に熱が集中してダメージを与えることを防げます。
2. 温度と時間のコントロール
高温や長時間の使用は髪を乾燥させ、脆弱にし、断裂の原因となります。適切な温度を選び、時間を適切にコントロールすることで、髪への負担を軽減することができます。
3. ヒートプロテクト剤の使用
これらの製品は、巻き髪中に髪を保護するバリアを形成し、熱からの直接的なダメージを軽減します。軽いテクスチャーでベタつかず、均一に髪にスプレーまたは塗布することで、全方位の保護を提供します。
4. 定期的なヘアケア
保湿効果のあるシャンプーやコンディショナーを使用し、髪に十分な栄養と潤いを与えます。さらに、定期的にディープコンディショニングマスクやトリートメントを使用し、髪のダメージを修復し、柔らかく弾力のある髪を保つことができます。
5. 過度な巻き髪の回数を避ける
髪への負担を軽減するためには、適切な巻き髪の頻度を選び、過度な処理や繰り返しの巻き髪を避けることが重要です。巻き髪の間に髪を休ませ、回復させる時間を与えることで、髪をより健康に保つことができます。
まとめ
巻き髪は美しく魅力的なスタイルですが、髪への負担も念頭に置かなければなりません。適切な巻き髪器具の選択、温度と時間のコントロール、ヒートプロテクト剤の使用、定期的なヘアケア、過度な巻き髪の回数を避けることで、巻き髪を楽しみながら髪への負担を軽減することができます。髪への負担を軽減しながら、美しい巻き髪を楽しみましょう!