ヘアケアレッセン(3)ドライヤーの正しい乾かし方 ♥髪の傷みを抑え

ヘアケアレッセン(3)ドライヤーの正しい乾かし方 ♥髪の傷みを抑え
OrivinBeauty
OrivinBeauty
濡れたままの髪はキューティクルが柔らかく
なりデリケートな状態になっていきます。
ドライヤーは髪の水分を取り除き、髪を乾燥
させるための便利なツールです。
ドライヤーは冬にも役立ちます。寒い季節には
外出後の髪の乾かし方が重要であり、ドライヤー
を使えば風邪を引く心配なく、髪を速く乾かすこと
ができます。
そこで今回は、ドライヤーの正しい
使い方と正しく使うコツを詳しく紹介します。
目次
ドライヤーの使い方
ドライヤーを正しく使うコツ
まとめ
ドライヤーの正しい使い方
・毛先から水滴が落ちないくらいまで
タオルドライします。これにより、
吹き乾かす時間が短くなります。
・ブラシやコームを使って髪を整え、
絡まりを解いてから吹きかけると、
スムーズに乾かすことができます。
・ドライヤーの温度設定を適切に
調整することも大切です。髪のダメージ
を最小限に抑えるため、低温または中温
で乾かすことをおすすめします。
・吹風機を髪の根元から離して使用し、
風を均等に当てるように心掛けましょう。
・温風を使って8割乾いたら、
最後に冷風を数分髪の毛に当てると
キューティクルがきゅっと締まってツヤが出ます。
ドライヤーを正しく使うコツ
・ドライヤーの吹出口と髪は3cm以上離す(髪の毛を守る)
・吸込口と髪は10cm以上離す(髪の毛絡み防止)
・根元から乾かす(髪全体が乾きやすい)
・温風と冷風を分けて髪を乾かす(癖伸ばし・形キープ)
①風は上・横・後ろから当てる
②ドライヤーの温風は同じ場所に当て続けない
③ドライヤーは10~15cm程度離す
④手で風の通り道を作る
⑤髪の毛を軽く引っ張りながら乾かす
ドライヤーの正しい使い方と正しく
使うコツをマスターしてツヤ髪美人を目指そう!